2014年03月03日

3月議会が始まって!

3月3日はひなまつり
そして3月議会が始まった日です。

並木新市長の所信表明演説を聞こうと20名を超える傍聴者が集まりましたが、午前中は議会は開かれませんでした。

副市長人事選任と教育長の任命が日程に入っていたのに議員への事前の説明がなく、いきなり今日説明があって決めるということで、その手法に「異議あり」となったわけです。

結果的には、共産党4人と間宮議員が退席して、その他は全員賛成で、
副市長は 永田 昇氏(元教育長)

退席なしで全員賛成で
教育長は 直原 裕氏(東京都教育庁から)

に決まりました。

馬場前市長は4年間、副市長を置かないままでの市政運営でした。
また、教育長不在が半年ほど続いていました。

市長・副市長・教育長は市政の要ですのでそこが決まったことはよかったと思います。
ただ、手続きはしっかりとしないといけないですね。
posted by 草刈ちのぶ at 23:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

東久留米市長選挙を終えて

昨年12月に出馬した東久留米市長選挙では、8,789票を得ることができました。
負けはしましたが、この選挙を通じて、たくさんの方々とつながることができたことは「大きな宝物」です。

応援してくださった方々が
「選挙がんばって」ではなく
「草刈さんだけががんばるのではなく、私もがんばる」と、とても主体的に今回の選挙に取り組んでくださったことが、印象的でしたし、うれしいことでした。

だから私は何をしていても、「ひとりじゃない」と思えました。

みんなでつくった選挙でした。

ごく普通の市民が選挙に出ることが大事なんだと思います。

政治は生活に直結しています。特に市政はそうです。
選挙活動の中でたくさんの市民の願いを聞き、市政は市民がつくるのだと確信しました。

これまでやってきた活動を続けながら
どんな東久留米にしたいのか、みんなで考え続けていきたいと思っています。

たくさんの方々の応援があったことに感謝しています。
ありがとうございました。
このつながりを持って、また歩き出します。

今後もどうぞよろしくお願いします。



posted by 草刈ちのぶ at 14:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

12月22日の東久留米市長選挙を前に

いよいよ、東久留米市の市長選挙が明日、12月22日に迫りました。

公職選挙法のさだめにより、このブログとツイッターの更新も、21日いっぱいをもって停止します。

市長選挙に立候補する決意をし、今日まで過ごしてきた日々は、私の宝物の日々でした。
たくさんの方々とお話をし、お茶を飲み、市政について語り合い、毎日があっという間に過ぎていきました。

驚くようなこともありました。
当初フォロワーが数十人の方しかいなかった私のツイッターを、この数日の間に、2500人もの方がフォローしてくださったのです。

いまの国政はいけない。
秘密保護法の強行採決、憲法の改悪、そしてその先にある軍国化への流れに、真剣な危惧の念を抱かれた全国の皆さんが、この東久留米の選挙を応援してくださったのです。

「地方から、市政から、国を変えていこう」

この東久留米市長選挙は、秘密保護法採決後、最初の地方選挙です。
これは単に一つの市の市長を決めるだけの選挙では、もはやありません。

これからの国のありかたをただす、最初の一歩なのです。
だから、ここから、東久留米から変えてゆかねばならないと、本当にたくさんの激励をいただきました。

全国の市政から変える、そして今の国の政治を変える!
そうした一つの目標でみんなが集まり、一緒に努力をしたこと。私はそれが頼もしく、また嬉しくてしかたありませんでした。

そしてその中で、人とつながりがどんどん広がっていくのを実感しました。
この広がりこそが、東久留米の市民の力、この国の未来を真剣に考える人の力です。

ぜひ、私とともにこの東久留米を、平和を守り、くらしに憲法をいかす町につくりかえていきましょう。
そして、そこにともした一つの豆電球を、日本中に広げてゆきましょう。

明日が、選挙日です。

皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。


▼「豆電球」の話です



posted by 草刈ちのぶ at 23:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。